MENU

二日用意にしじみが効果的な理由

よく「二日酔いにはしじみが効果的」という話を耳にしますが、何故しじみは二日酔いに良いのでしょうか。

 

そもそも二日酔いとは?

 

二日酔いとは前日のアルコール摂取が次の日まで体内に残り、吐き気や頭痛、食欲不振などの体調不良を引き起こすものです。これは自分のアルコール代謝能力以上のアルコールを摂取することで起こるものです。起床後に特に感じる症状を二日酔いと呼びます。症状の出方は人により異なり、まったく二日酔いにならないという方もいます。

 

しじみが二日酔いに良い理由

 

しじみが二日酔いに良いと言われている理由がタウリンです。タウリンはアルコール分解に関わる肝臓の働きを向上させ、アルコールでダメージを受けた肝臓を回復させる働きがあります。継続的に摂取することで、肝機能の働きを向上させることも出来ます。

 

またタウリンはアルコールを分解する働きもあります。体内にアルコールが入るとアセアルデヒドという成分に分解されます。この成分が二日酔いの原因となりますが、タウリンはこのアセアルデヒドを分解する酵素の働きをサポートし、体の外へ排出してくれるのです。

 

またしじみに含まれている成分の中にオルニチンというアミノ酸があります。オルニチンは肝機能を向上させる働きがあり、タウリンと同じく二日酔いの症状を軽減させてくれます。またグルタミンやアラニンといった成分はタウリンと同じく、体内に残ったアルコールを自然な形で代謝させ、排出することが出来ます。