MENU

しじみに含まれているオルニチンの健康効果

しじみには様々な栄養素が含まれていますが、その中でも含有量が多いのがオルニチンです。オルニチンは体内にもともと存在している成分ですが、日々の生活の中で減少していきます。このためしじみなどオルニチンが含まれている食品から摂取する必要があります。ではこのオルニチンは体にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

肝臓の働きをサポート

 

オルニチンはアミノ酸の一種で、血液の流れに乗って身体中に行き渡ります。肝臓内では有毒のアンモニアを解毒し、尿として体外へ排出する働きを担っています。体内にある臓器の中でも肝臓は血液中の様々な成分に対して働きかける重要な内臓で、肝臓機能の向上は健康に繋がると言えます。

 

また肝臓に何らかの障害が出ても、痛みや違和感といった諸症状は中々出てきません。このため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。オルニチンはその肝臓の健康を維持するために、重要な働きをしてくれる健康成分なのです。

 

疲労回復

 

アンモニアが体内に溜まると慢性的な疲労感に陥ります。アンモニアを分解するのは肝臓の役目ですが、アルコールの過剰摂取などの生活習慣が肝機能を低下させてしまうと、アンモニアの分解能力も落ちてしまいます。肝臓機能をサポートするオルニチンは、肝機能を向上させアンモニアの分解を促進する働きを持っているため、摂取することで疲労回復に繋がります。継続して摂取することで運動後の疲労回復のスピードも上昇するという研究結果も出ているので、疲労回復にはオルニチンが豊富に含まれているしじみがオススメです。