しじみサプリランキング!

お酒が好きだけど、最近残るのが気になってきたという方。しじみサプリを試してみませんか?テレビCMでもおなじみのしじみサプリは、肝臓の働きをよくする成分オルニチンが濃縮されています。また自然由来の成分ですので、安心して摂れるサプリの代表です。

 

薬ではないサプリは、飲み方も自由。お酒を飲む前に、飲んだ後に、毎朝の習慣、夜寝る前になど、自分のサイクルで!しじみサプリは続けて飲むことで、違いを実感できるようになります。でも肝臓に良いだけではありません。貧血に有効なビタミンB2やB12、美肌によい亜鉛も豊富なので、女性にもぜひ取って欲しいサプリです。

 

 

オルニパワーZnプラスの特徴

オルニチンをギュッと閉じ込めた錠剤タイプのサプリです。栄養豊富なしじみエキスと牡蠣エキスのオルニチンを閉じ込めています。また、不足しがちな亜鉛、抗酸化力の高いアスタキサンチンもプラスしています。肝機能の改善と向上をサポートしてくれます。1日めやす4粒。30日間返金保証もあり、始めやすくなっています。

価格 500円
評価 評価5
備考 しじみエキス・牡蠣エキス
 

 

 

レバリズム-Lの特徴

しじみ+αで肝機能UPを応援するしじみサプリです。オルニチン豊富なしじみエキスのほかに、肝機能UPにうれしい牡蠣とスクワランをプラスしています。ビタミンB2、Eも配合して、肝機能UPをサポートします。自然の栄養をそのまま摂れるサプリ。1日めやす3粒が個包装になっているので、持ち運びにも便利。しじみで肝機能を改善したい方におすすめ

価格 980円
評価 評価4
備考 しじみエキス・牡蠣・スクワラン
 

 

 

しじみ習慣の特徴

新鮮なしじみを煮詰めた濃いエキスをソフトカプセルに閉じ込めました。ミネラルたっぷりの天然湧水で育てた黄金しじみ100%使用。肝機能UPなど健康や美容によいしじみを、そのまま丸ごと使っています。手軽で飲みやすいソフトカプセルなので、錠剤が苦手な人にもおすすめ。1日めやす2粒。

価格 3,479円
評価 評価3
備考 黄金しじみ100%使用
 

 

しじみの栄養はサプリから摂ろう!

 

オルニチンという栄養素をご存知ですか。健康や美容に効果があるとして注目されています。しじみに多く含まれている栄養素として有名ですが、1日にどれほど摂取すると効果が表れるのでしょうか。

 

オルニチンの1日の摂取量の目安は400r〜1000rとされています。ただし実際にオルニチンを摂取している方から聞くと、1000r前後摂取すると効果が表れやすいということです。ではオルニチンが豊富に含まれていると言われるしじみから1000r摂取するには、何個食べればよいのでしょうか。答えは3000個近く食べると摂取できるというものです。しじみを毎日3000個近く食べる事は、なかなか難しいですよね。そのためしじみエキスを凝縮したサプリメントが販売されています。

 

しかしサプリメントを摂取する際に、気を付けたいのが大量に摂り過ぎた場合の副作用です。大量に摂取した場合、胃腸などの消化器官が影響を受けて腹痛や下痢などの症状が現れることがあるようです。しかし何事もとりすぎは禁物ですので、決められた摂取量を守れば副作用は避ける事ができそうです。

 

次にオルニチンを摂取するときの最適なタイミングはあるのでしょうか。オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す成分として有名です。そのため成長ホルモンが分泌されるタイミングに合わせて飲むという意見があります。しかし反対に、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうという意見も出ています。まだきちんと実証されていないようです。ではどのようなタイミングで摂取すればいいのでしょうか。オルニチンは体内に蓄積されないという特徴があるため、時間帯をいつと決めるよりも、1日3回などと小まめに摂取するといいようです。手軽に摂れるサプリメントでオルニチンを意識的に摂取していきましょう。使用法や使用量を守ることが、1番効果的な摂取方法と言えそうです。

 

しじみに含まれる魅力的な成分たち

 

シジミは多くの栄養素を含んでいるため、昔から民間治療薬として用いられてきました。肝臓の回復効果や造血作用、血液の循環をよくする効果など、さまざまな働きを持ち合わせています。どのような栄養素を含んでいるのか、一つずつみていきましょう。

 

1つ目が「タウリン」です。タウリンは、抗てんかん作用、コレステロール値の減少、血圧の降下作用、肝機能の回復、抗酸化作用、細胞膜の電気的な安定性の維持、心臓の収縮などたくさんの働きをしてくれます。

 

2つ目が「ビタミンB12」です。ビタミンB12は、赤血球の生成、心臓病の予防、メラトニンなどのホルモンの生成、アドレナニンなどの脳内伝達物質の生成、胎児の発育などの働きがあります。このビタミンB12は、ビタミンの中で唯一野菜に含まれず動物からしか補給できないビタミンです。この栄養素が不足すると赤血球が作れず、悪性貧血の巨大赤芽球貧血を発症してしまいます。

 

3つ目が「鉄」です。鉄は、酸素を運ぶ赤血球の重要な成分であり、毒物の解毒作用の働きもあります。鉄が不足すると、疲労、頭痛、顔色が悪い、イライラする、月経時の血の量が増えるなどの貧血の症状が現れます。

 

4つ目が「グリコーゲン」です。しじみに含まれる糖質はグリコーゲンが主体です。そのため即効性が高いので疲労回復効果を早めると言われています。

 

以上のようにしじみにはさまざまな栄養素が含まれているため、多くの症状に改善を期待することができます。心臓病や高血圧、脂質異常症、脳卒中、肝機能障害、貧血、疲労などです。しじみを食べる際の注意点は、身や汁を丸ごと食すことです。しじみのエキスが凝縮されているサプリメントもあるので効率よく摂取することもできます。このように栄養豊富なしじみですが、ウイルス性肝炎の方は摂取をしないようにしてください。鉄分が豊富なため、食べるときに注意が必要です。

 

しじみの食べ方、摂り方

 

「二日酔いの朝にはシジミ汁がよい」と昔からよく言われ、シジミは肝臓によい食べ物として親しまれてきました。シジミにはたくさんの栄養素が含まれているため、体を癒す力があります。小さいながらも栄養価が豊富に含まれていると言われるシジミには、どのような効果があるのでしょうか。

 

シジミには非常に良質なたんぱく質が豊富に含まれています。しかも低脂肪という健康食材です。そしてビタミンB12やタウリンが特に豊富に含まれているため、肝臓での解毒作用を助ける働きがあります。そのため黄疸を予防して、肝臓を活性化してくれます。このようにしじみは肝臓に良い食材とされ重宝されてきました。また漢方では二日酔いを軽減する、解熱作用、利尿作用があるとしてとり入れられてきました。

 

シジミに含まれる栄養素を、なるべくたくさん摂取するためには下ごしらえに一工夫する必要があります。まず初めに砂出しをします。1%の塩水に4時間ほどつけます。塩水につけることで、コハク酸といううまみ成分が通常の4倍になります。その後、冷凍庫で保管します。冷凍庫で保管することで、アルコール代謝を助けるアミノ酸が増えます。冷凍庫で保管すると約4か月保存がきくため、二日酔いの朝にすぐ出せるようにストックしておくと便利です。冷凍したまま火にかけると、うまみ成分たっぷりのおいしいだしが染みだしてきます。

 

そしてお味噌汁を食べるときに、きちんとしじみの身まで食べることです。コハク酸やアミノ酸などのうまみ成分は汁の中に溶け出していますが、その他の栄養分は身にまだ残っています。亜鉛や鉄、カルシウムなどのミネラルやビタミン類は8割がた、身に残っていると言われています。そのためきちんと身を取り出して食べる事で、しじみの豊富な栄養素を余すことなく摂取できます。肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれるほど自覚症状が出にくい臓器です。しじみ料理をたくさん食べて肝臓を労わりましょう。

 

しじみの効果

 

しじみには多くの栄養素が含まれています。二日酔いの朝や産後の肥立ちにはしじみ汁がよいとよく言われていますよね。これにはきちんとした科学的根拠があります。それではしじみにはどのような効果があるのでしょうか。以下の4つが挙げられます。

 

まず1つ目が「肝障害を予防すること」です。しじみのエキスや粉末を事前に与えたラットと、与えなかったラットをガラクトサミンという薬物を与えて肝障害状態にします。その結果はしじみを与えたラットと与えなかったラットでは、検査結果に2倍の差が表れたというものでした。人間の肝臓の検査で用いられるGOTやGPTの値が、しじみを与えたラットでは数値が低かったという結果でした。つまり肝障害に対するしじみの効果が認められたのです。

 

2つ目が「脂肪をためないこと」です。大量のアルコールをラットに与えると、肝臓に脂肪が蓄積し脂肪肝の状態になります。しじみを与えたラットと与えなかったラットでは、脂肪の蓄積結果に大きな差がでました。つまりアルコール性脂肪に関してしじみの効果が認められたのです。

 

3つ目が「アルコールの代謝を助けること」です。アルコールをラットに与えた後に血液中のアルコール量を測定したところ、しじみエキスを与えていたラットは血液中のアルコール量が速やかに減少していたことがわかりました。つまりアルコールの代謝にしじみは効果があることが認められました。

 

4つ目が「コレステロールの代謝に良いこと」です。コレステロールの多い餌を与えたラットのコレステロール値を計測したところ、しじみ成分を摂取したラットは摂取していないラットに比べてコレステロール値が低下していました。つまりしじみがコレステロールの代謝によいことが認められたのです。

 

以上のように、しじみは肝臓に良いたくさんの栄養素が含まれています。その他、しじみには健康な体作りにも効果が認められます。しじみにはバランスよくアミノ酸が含まれているので、体を綺麗にする効果が期待できます。そのため産後の肥立ちや妊娠をすることにも効果を期待することができるのです。サプリメントや健康食品などで、しじみの効果を効率的に摂取することもお勧めです。

 

注目したいしじみの肝臓への効果

 

しじみには多くの栄養素が含まれているため、さまざまな症状の改善を期待できます。その中でも特に有名なのが肝機能の改善効果ではないでしょうか。昔から「二日酔いの朝にはしじみ汁がよい」と言われてきました。しじみには良質なたんぱく質がバランスよく含まれています。良質なたんぱく質は消化吸収がよいため、肝臓に負担をかけません。

 

このたんぱく質の一つにメチオニンという栄養素があります。この栄養素は肝機能を保持するために必要な物質です。その他にもコハク酸が豊富に含まれていることで、他のだしを必要とせずにおいしいだしができます。味噌汁を食べる際はおいしい汁はもちろんのこと、しじみの身を食べる事で良質なたんぱく質を摂取することができます。

 

その他にも、しじみは貧血予防に効果的です。貧血には鉄分不足によっておこる鉄欠乏性貧血と、ビタミンB2やB12の欠乏によっておこる悪性貧血があります。しじみには鉄分、ビタミンB2、B12が豊富に含まれているため、どちらの貧血にも効果的です。特に不足すると悪性貧血の原因となるビタミンB12は、体内で合成できず食べ物から摂取する必要があります。しかしビタミンB12を含む食品は意外と少ないため、しじみは重要な食材と言えます。悪性貧血はすぐに症状が現れず、5年後など年数がたってから症状が現れる貧血です。そのため今症状がない方でも、意識的に摂取していく必要があります。

 

このようにさまざまな栄養素を含むしじみの代表格は、ヤマトしじみ、マしじみ、セタしじみです。ヤマトしじみは4〜5月、マしじみは冬、ヤマトしじみは夏が旬です。味は冬に採れるマしじみがよいとされており、寒しじみと呼ばれています。しじみの食べ方は、一晩真水につけて砂出しをします。そして水から火にかけて、殻が開いたら味噌を入れます。ひと煮立ちしたら完成です。

 

しじみは美容への効果も高い

 

今注目されているしじみは、その成分が健康だけでなく美容に対して効果があることをご存知でしょうか?

 

しじみに含まれる成分であるオルニチンは肝臓の機能を高め、成長ホルモンの分泌を促したり、肌の新陳代謝をアップさせる効果があるため、美肌を保つ効果があると言われているんですね。さらに、髪の毛や爪までハリやツヤを保ち、健康的にしてくれる効果が認められているので、全身ケアに適した食材の一つだと言うことができるでしょう。女性にとってうれしい効果が期待できるのは上記のオルニチンだけではなく、しじみに豊富に含まれるタウニンや亜鉛があります。

 

しじみに含まれている成分であるタウニンには、肝臓の脂肪代謝を高め、血行を促進し、冷え性やむくみがちな人の体質を改善する効果があると言われています。脂肪の代謝が促されるということは、ダイエット効率を上げてくれるので助かりますよね。

 

亜鉛は、体内においてビタミンCと共同でコラーゲンを生成する働きをします。コラーゲンといえば、ご存知のように化粧品やサプリメントなどの定番の美容成分で、私たちの肌細胞を生成する大事な成分ですから、この生成を助ける働きは美肌を作る上で欠かせないものと言われています。しかしながら、このコラーゲンの生成は年齢を重ねる中で減少していくことがわかっていますから、体が自分で作るのが難しければ、食品などを通して後押ししてあげる必要があるのですね。

 

他にも亜鉛にはメラニンを代謝する作用もあるので、シミやそばかすなどにも効果があると言われていますので、美肌作りの上では効能が多い便利屋さんです。さらに、女性ホルモンの分泌を促進する効果まで亜鉛はもっているのです。女性ホルモンの機能が正常にに整えられることで、生理痛や月経不順などのトラブルが予防されるようになり、女性ホルモンの働きで肌をきれいに保つことができます。加齢と共にこの女性ホルモンの分泌は減っていきますので、その時に肌の代謝がしっかり行われずに古い細胞、よくない細胞が表面に残りやすくなるのがいわゆる老化です。女性ホルモンの減少を防ぎ、アンチエイジングをする上で亜鉛は非常に効果的な成分なのです。

 

更新履歴